大石内科循環器科医院

静岡市葵区鷹匠2-6-1 新静岡駅より 徒歩3分 駐車場あり

静岡市葵区鷹匠2-6-1
054-252-0585

jihi
自費診療

自費診療・メディカルダイエット

自費診療・メディカルダイエット

メディカルダイエットとは

ダイエットといえば、「食事制限」や「運動」などを継続的に行って少しずつ効果が出てきます。すぐに結果が出るものは少なく、急に無理なダイエットをすると身体に負担がかかってしまう事もあり、途中で挫折してしまう方も少なくありません。そんな方におすすめしたいのが「メディカルダイエット」です。
メディカルダイエットは、厚生労働省が2型糖尿病、心不全、慢性腎臓病などの治療薬として承認した医薬品を用いた医学的かつ科学的な根拠に基づいた治療法です。患者さまの状態や状況に合った薬をご提案して、医学的なアプローチで体脂肪や体重を落とします。

肥満治療薬の種類と効果

ダイエットには「食事」「運動」という2つの方法があります。人間の基礎代謝は概ね1日あたり1,500〜2,000kcal程度のため、食事を工夫して摂取するカロリーを制限する、もしくは運動を行うことで消費カロリーを増やすと基本的には体重は減っていきます。ただし、運動だけで消費カロリーを増やし減量するには一般的にかなり難しい方法です。
そのためダイエットでは、食事をコントロールすることが重要です。そこで肥満治療薬には以下のような効果が認められています。

  • 食欲を抑える効果
  • 脂肪の吸収を抑える効果
  • 血糖値を抑える効果
  • 基礎代謝の向上

「食欲を自分でコントロールすることが難しい」

「会食や仕事、プライベートの付き合いなどでどうしても食べてしまう」

このように、ご自分では食欲のコントロールが難しい場合には、肥満治療薬を使用し食事による摂取制限を補助する効果があります。
下記に当院で扱う肥満治療薬の説明しております。

短期間で集中的に痩せていくお薬

リベルサス
効果GLP-1はもともと体内に存在するホルモンで、胃腸の動きを制御して満腹感を持続させ、少しの食事でも満足するようになるお薬です。 自然に食欲が抑えられ、結果として体重を減少させます。
投与方法3㎎錠を4週間、その後7㎎錠を4週間、その後効果・副作用をみながら14㎎錠へと増量する場合もあります。服用後1ヶ月〜3ヵ月程度で体重減少効果が現れます。
胃酸で分解されやすい性質があるため、起床後の空腹時に120ml以下の水で1錠を服用します。飲んだ後は、30分程度食事や水分の摂取を控える必要があるため注意しましょう。
副作用副作用で主にみられるものは、吐き気、胸やけ、下痢などの胃腸障害ですが、内服継続をすることで、それらの症状は緩和していきます。一般的には問題なく服用いただける方がほとんどです。もし症状が辛い場合は使用を中止し、当院にご相談ください。
まれに下記のような症状があらわれることがあります。このような場合には、使用をやめて、当院にご相談ください。

・低血糖
お腹がすく、冷汗が出る、血の気が引く、疲れやすい、手足のふるえ、けいれん、意識の低下

・急性膵炎
吐き気、嘔吐、激しい上腹部の痛み、背中の痛み、お腹にあざができる、お腹が張る

・胆嚢炎、胆管炎
発熱、寒気、白目が黄色くなる、右上腹部の痛み、上腹部が張った感じ、嘔吐、皮膚が黄色くなる、尿の色が濃くなる、体がかゆくなる
注意点・糖尿病治療中の方は服用できません。
・甲状腺疾患、膵臓疾患の方についても服用できない場合があります。
・18歳未満の方、65歳以上の方、重度の胃腸障害のある方、膵炎の既往歴のある方、妊娠中、授乳中、妊活中の方は服用できません。
オゼンピック
効果GLP-1はもともと体内に存在するホルモンで、胃腸の動きを制御して満腹感を持続させ、少しの食事でも満足するようになるお薬です。 自然に食欲が抑えられ、結果として体重を減少させます。リベルサスは内服薬である一方、オゼンピックは自己注射薬であり、週1回のご自身で注射していただきます。また、オゼンピックは半年から1年で平均5〜6キロの体重減少が報告されています。
投与方法週1回、ご自身で注射していただきます。初めの4週間はまず0.25mgから開始、その後は0.5mgの注射を続けます。効き目が悪い場合は1mgに増量する場合もありますが、多くの人は0.5mgで効き目を実感できます。
使用前までは冷蔵庫で保管をして、使用開始後は冷蔵もしくは室温(1~30℃)で保管、8週間以内に使用してください。

・自己注射について
自己注射というと、一般的な採血で使用する注射器をイメージして「痛そう」と思われる方が多いかもしれません。
しかし、自己注射では一般的な採血で用いられている針よりもかなり細い針を使用します。具体的には、採血用の針が約0.8mmの太さであるのに対し、GLP-1 オゼンピック2mg の自己注射では、髪の毛とほぼ同じ太さ(約0.18mm)の極細の針を使用します。以前のオゼンピックの注射針(約0.33mm)と比較してかなり細い針で注射時の痛みが軽減していますので、ご安心ください。
自己注射の方法は下の動画をご参照ください。
副作用主な副作用として、食欲減退、吐き気、下痢、便秘、嘔吐などが報告されていますが、注射を継続することで、それらの症状は緩和していきます。一般的には問題なく注射していただける方がほとんどです。もし症状が辛い場合は使用を中止し、当院にご相談ください。
まれに下記のような症状があらわれることがあります。このような場合には、使用をやめて、当院にご相談ください。

・低血糖
お腹がすく、冷汗が出る、血の気が引く、疲れやすい、手足のふるえ、けいれん、意識の低下

・急性膵炎
吐き気、嘔吐、激しい上腹部の痛み、背中の痛み、お腹にあざができる、お腹が張る

・胆嚢炎、胆管炎
発熱、寒気、白目が黄色くなる、右上腹部の痛み、上腹部が張った感じ、嘔吐、皮膚が黄色くなる、尿の色が濃くなる、体がかゆくなる
注意点・糖尿病治療中の方は服用できません。
・甲状腺疾患、膵臓疾患の方についても服用できない場合があります。
・18歳未満の方、65歳以上の方、重度の胃腸障害のある方、膵炎の既往歴のある方、妊娠中、授乳中、妊活中の方は服用できません。

オゼンピック自己注射方法【準備中】



期間をかけて少しづつ痩せていくプラン

ルセフィ
効果尿に糖を排出することで、血糖を下げるお薬です。その⽅の体質や体重などにもよりますが、平均すると1 ⽇あたり約400kcal を尿糖として排出すると⾔われています。
また、ルセフィ2.5mgは半年で平均2〜3キロの体重減少が報告されています。
投与方法1日1回5mgもしくは10mgを内服します。
基本的にいつ服用しても問題はなく、食前・食中・食後のいつでも構いません。
1日3食(朝・昼・晩)であれば、朝に服用しておくとフォシーガの糖質カット効果を最大限に活かすことが可能です。
副作用低血糖、脱水症状、ケトアシドーシス(嘔気、腹痛、口渇、倦怠感、意識障害、尿路感染症)などがあります。
もしこのような症状が出現した際には当院にご相談ください。
注意点・糖尿病治療中の方は服用できません。
・18歳未満の方、65歳以上の方は服用できません。

お薬の値段

薬の種類と料金表

リベルサス3mg 1ヶ月分(30錠) 10,000円
リベルサス7mg 1ヶ月分(30錠)20,000円
リベルサス14mg 1ヶ月分(30錠)32,000円
オゼンピック1本
※0.25mg(8週分/本)・0.5mg(4週分/本)・1mg(2週分/本)と1回の投与量をダイヤル式で調整ができる注射薬です。
(1本につき注射針・消毒綿が8個ずつセット)
3,0000円
ルセフィ2.5mg 1ヶ月分(30錠)10,000円
ルセフィ5mg 1ヶ月分(30錠)15,000円

メディカルダイエットの注意点

メディカルダイエットは医師の指示のもと、お薬などが処方されます。自己判断で個人輸入などをすると、偽造品や粗悪品で健康被害を招く可能性もあるため、十分注意しましょう。
また、医師が判断した薬の用量はきちんと守りましょう。薬を処方以上に服用すると、副作用のリスクが高くなるだけでなく、正しい痩身効果も得られない場合があります。
その他には、メディカルダイエットは保険が適用されない自由診療です。かかる費用についてしっかりと確認しましょう。投薬の場合ある程度、継続して続ける必要があります。万が一、副作用の症状が出た場合にはご相談ください。症状が軽い場合でも、今後副作用が強くなる可能性もありますので、医師に判断の元、薬の継続の有無を確認します。

リベルサスについて

未承認医薬品等(異なる目的での使用)

本診療科目に用いるリベルサスは2型糖尿病の治療薬として厚生労働省に承認されています。肥満治療目的での処方は国内では承認されていません。万が一重篤な副作用が出た場合は、国の医薬品副作用被害救済制度の対象外となります。

入手経路

処方するリベルサスは、国内医薬品代理店経由で購入しています。

国内の承認医薬品等の有無

リベルサスと同成分(セマグルチド)の注射製剤が、肥満症の治療薬として国内で承認されています。

諸外国における安全性等に係る情報

アメリカ食品医薬品局(FDA)において2型糖尿病治療薬として承認されています。

ルセフィについて

未承認医薬品等(異なる目的での使用)

本診療科目に用いるルセフィは2型糖尿病の治療薬として厚生労働省に承認されています。肥満治療目的での処方は国内では承認されていません。万が一重篤な副作用が出た場合は、国の医薬品副作用被害救済制度の対象外となります。

入手経路

処方するルセフィは、国内医薬品代理店経由で購入しています。

国内の承認医薬品等の有無

国内において肥満治療薬として承認されている同一成分の医薬品はありません。

諸外国における安全性等に係る情報

アメリカ食品医薬品局(FDA)において2型糖尿病治療薬として承認されています。

オゼンピックについて

未承認医薬品等(異なる目的での使用)

本診療科目に用いるオゼンピックは2型糖尿病の治療薬として厚生労働省に承認されています。肥満治療目的での処方は国内では承認されていません。万が一重篤な副作用が出た場合は、国の医薬品副作用被害救済制度の対象外となります。

入手経路

処方するオゼンピックは、国内医薬品代理店経由で購入しています。

国内の承認医薬品等の有無

オゼンピックと同成分のウゴービ、またサノレックス等が肥満症の治療薬として国内で承認されています。

諸外国における安全性等に係る情報

アメリカ食品医薬品局(FDA)において2型糖尿病治療薬として承認されています。



受診方法

予約をせずに受診していただけます。診療時間内のご都合がよろしい時間にお越しください。
ただ、大変申し訳ありませんが院内の混雑状況などによって待ち時間が長くなってしまうことがあります。当院はWEB予約も可能ですので、ぜひご利用ください。